介護職のキャリアアップ順序

介護職としてのキャリアアップには、

  • 介護福祉士
  • ケアマネジャー(介護支援専門員)

を目指す2つの道があります。
もちろん両方を通る方もおられます。

 

ケアマネジャー

 

介護福祉士は実務経験3年で受験できますが、ケアマネジャーは実務経験が5年以上必要となります。
一般的には介護福祉士を取得してから、ケアマネジャーへ挑戦する方が大半です。

 

どちらも実務経験によって受験が制限されていますので、これらの資格を取得することによって、自らの現場経験や資格に見合う知識を持ち合わせていることを証明できます。

 

キャリアアップのメリット

上位の資格を取得すれば、それだけ業務の幅を広げることができます。
上記の2つの資格は、介護に従事する人が目指す代表的な資格ですが専門とする業務が異なります

 

介護福祉士は主に現場での介護のスペシャリストとして、ケアマネジャーは利用者さんの受けるサービスのマネジメントが主な業務となります。

 

もちろん、資格を取ったからと言って、それらの業務に無理に就くことはありません。
現場で働くケアマネジャー有資格者もいます。

 

ケアマネジャーの資格を持っていると、その知識を駆使してより良いサービスを提案できたり、自分なりの工夫を凝らすことができます。

 

また、現場を俯瞰する能力も身に付けなければならないため、管理者や責任者としてのスキルも磨くことができます。

 

業務の幅を広げるたくさんの資格

介護福祉士やケアマネジャーは上へのキャリアとなりますが、主流となる資格の他にも、業務の幅を広げる資格が福祉分野にはたくさん存在します。

 

たとえば、

  • 障害者の方の移動を支援するガイドヘルパー、同行援護従業者
  • 障害者支援の基礎知識が学べる行動援護従業者
  • 福祉用具のスペシャリストたる福祉用具専門相談員、福祉用具供給事業従事者

などがあります。

 

これらの多くは研修のみ修了すれば資格の認定が得られ、受講に当たっての制限が無いのが特徴です。
初任者研修を受講しながらや、修了して就職が決まるまでの間に取得してみるのも良いでしょう。

 

介護の世界は、資格を取ればそれだけ進路の幅が広がります。
自分の得意分野を増やし職場で必要とされる人材に成長することも、やりがいを得る1つの方法です。